目の下のクマには種類があった

 

目の下のクマができてしまう原因については、
目の下のクマができる原因でご紹介しました。

 

実はこちらで紹介しました疲労や寝不足などによる血行不良のためにできてしまうクマの他にも、
お肌の老化によってできてしまうクマもあります。

 

できる原因によって3つの種類に分けられます。

 

今回は、クマの3つの種類についてご紹介していきます。
ご自分のクマの種類がどれなのか?みていきましょう。

クマの種類

 

3種類のクマについて、ご説明していきます。

 

青グマ

「青グマ」は、目の下にクマができる原因でご紹介した血行不良によってできるクマです。
目の周りには、目を常に素早く動かすことができるように、血液が集まってきています。
寝不足や目が疲れることで、血液に二酸化炭素がたまり、血が赤黒く変色してしまいます。
それが、目の薄い皮膚から透けて見えてしまっている状態です。

 

色白の人は、目立ってしまう傾向があります。
遺伝性の要素も強いので、「青グマ」ができやすい体質の人は、
子供のころから目立っています。
血行が悪くなることでできるクマなので、冷え性の人もできやすくなります。

 

※本来「クマ」というと、このあ「青グマ」のことをいいます。

 

【ケアと対策】
血行不良が原因なので、血行を改善しましょう。
(蒸しタオル、入浴、顔の体操など)

 

また、皮膚の薄さも原因となってしまっているので、皮膚を厚くするケアが有効です。
「アイキララ」には、薄くなった皮膚をふっくらさせる成分が入っているので、
「青グマ」が気になる方におすすめです。

 

 

 

黒グマ

「黒グマ」は、目の下のたるみやむくみが原因でできてしまうクマです。
もともと、目の周りの皮膚は薄いのですが、年齢とともにさらに薄くなってきます。
さらにハリも失われることで、目の下の筋肉を支えられなくなってしまい、目の下がたるんできます。
このたるみの下に影ができて、黒く見えるのが「黒グマ」です。

 

【ケアと対策】
まず、むくみを改善することです。
むくみやすい人は、塩分の摂取量をひかえたり、冷たい飲物はさけましょう。
「黒グマ」も、皮膚をふっくらさせることで改善が望めます。
「アイキララ」などのアイクリームが効果的です。

 

 

 

茶グマ

「茶グマ」は、目の下のシミやくすみが原因でできてしまうクマです。
目の下にシミが数多くできてしまうことで、クマのように見えてしまいます。

 

目をこする習慣のある人、目の周りに湿疹ができやすい人は、
目の周囲の角質層が厚くなって、くすみになります。
これがクマに見えてしまうのです。

 

【ケアと対策】
「茶グマ」はシミですので、一般的なシミ対策をおこなうとよいでしょう。
まずは、お肌の新陳代謝を良くするために、ピーリングを行ってみるのも
ひとつの手段です。

 

 

 

自分がどのクマかを見分ける方法

 

目の下にクマができてしまったら・・・
まず、最初にクマの種類を見極めましょう。

 

自分のクマが、どの種類なのかを知ることで、
原因を突き止めることができ、改善につながります。

 

では、具体的にどうやって自分にできたクマの種類を見極めればいいのでしょうか?
自分で見極めるのはちょっと難しい・・・という方のために、
簡単にクマの種類を確認できる方法をご紹介します。

 

 

1、下まぶたを下に引っ張ってみます
引っ張ってみても、クマが薄くなる程度で消えない、という場合は「青グマ」です。

 

2、上を向いて鏡で確認
「黒グマ」の場合は、たるみが原因。
上を見て鏡を見た時に、薄くなっていたら「黒グマ」です。

 

3、1,2を試してみて全く薄くならないクマの場合は「茶グマ」ということになります。